災害・防災に関する情報発信メディア

最新土のう!水をいれればすぐ特殊吸水ポリマーで土のうになる!

2017.11.14

ラクラク土のうは、重さ320gと軽くて水を15L(黒の線まで)入れるとたちまち

土のうとして使用できるのでゲリラ豪雨のような緊急時も活躍できます。

水を黒い線まで(15L)入れて直ぐ袋のひもで縛れば出来上がり。

水は給水車や直接水道からホースで入れたほうが早いですね。

 この土のう袋を現地へもって行き水槽車や水を確保できる場所で

直ちに沢山の土のうを直ぐ作る事ができます。(重さ:約15kg)

 一般の土のうは、砂や土を15~20kg入れて重たい土のうを運搬するだけでも

大変です。 片づけるときは水を吸った土のうは約28kgと重たいですよ!

最近ネットでも販売している吸水性ポリマーを使った土のうもありますが、水を吸うのに

3~10分もかかるので手間がかかります。又、1袋当たりの価格が非常に高いですね。

定価で700~2,500円位が相場でしょう。

 今回の らくらく土のうは 1袋 定価360円(税抜き) 

 らくらく土のうは特殊で最新の吸水性ポリマーを使用し、水を入れたらすぐ固まります。

従って、4~5段積みでSBパイルを打ち込んでも3~4日は問題なく使えます。

 吸水性ポリマーを使用していますので一度土のうを作ると約3~4日まで土のうとして

機能しますがそれ以降は、ポリマーが少しずつゲル状から液状(1週間程)になります。

 作ってから土のうの中身はポリマーのゲル状ですが5日以降は水のうに変わります。

処分方法は、固いうちは袋を開けるとゲル状なので天日で干せば環境上問題のない粉になり

土のうと一緒にそのまま一般ごみとして処分して下さい。

 長期保存の場合は、5袋1セットのアルミ真空パックで5~10年保存できます。

これならば、湿気の多い場所に大量の土のうを保管できます。

 

防災

 

一覧へ戻る