災害・防災に関する情報発信メディア

ゲリラ豪雨対応都市型土のう5.5kgで従来の土のうの1/3の軽さ

2018.02.14

先にリリースされた水止パネル土のうは、水圧によって水を止める軽くて安い便利なパネルですが

上記のパネル型土のうは、ステンレス製の板の重りを接着してありますので土のうとして機能します。

水止パネルは水との比重が軽い為、水圧がなく水の中では浮いてしまいます。

 そのため、比重が水のやく9倍のステンレスを重りにして単独で土のうとしての機能を持っています。

重さは、一般的な土や砂をいれた土のうが15kgと水を吸った後25kgとてても重く片づけるのも大変です。

 この都市型ゲリラ豪雨対応パネル土のうは、5.5kg通常の土のうの1/3の軽さと場所いらずで

重ねて収納できるため場所も取りません。又、使用後は紫外線のあたらない倉庫などに保管すれば10年以上

何度も使用ができます。

 オプションとして土のうを90度直角に接続するコーナタイプも用意してます。

この両側にパネル土のうを差し込んでいけば矩形の形のパネルを一周囲める形にもできます。

 

 

防災

 

 

一覧へ戻る